女性にとってムダ毛は煩わしいもの、不必要な物ではないでしょうか。

手や足、ワキなど広範囲で目立つ部分のムダ毛はもちろんですが、ムダ毛の悩みで意外と多いのが、おでこの産毛なのです。

広範囲に毛が生えている部位と比べますと、毛は細いですし目立たない部分でもあるのですが、前髪をアップにしたスタイルをするときに意外と目立つのがこのおでこの産毛で、どれだけきれいなメイクや髪形をしていても、おでこの産毛処理がきちんとできていないと、人の視線がそこに集中してしまい恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

しかし、おでこは自分では見えないですし、皮膚が薄く傷つきやすいですのでついつい後回しになってしまったり、自分で試行錯誤しながら脱毛を行う方もいらっしゃいますが、安易な自己処理は肌をキレイにするどころかかえってお肌を傷つけてしまって炎症や湿疹、カミソリ負けなど様々なトラブルを招きかねません。

ですから安心安全に脱毛を行いたい場合には、脱毛サロンでおでこの脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

現在では顔の脱毛を希望する女性が年々増加してきていますから、顔脱毛を取り入れているサロンも少しずつ増えてきていますが、おでこの脱毛は目の周りの脱毛を行いますので、危険性を考慮して実施していないサロンもまだまだ多く、顔脱毛自体を実施していないサロンもまだ数多いです。

例えばおでこのみの脱毛ですと"ディオーネ"では6回15000円で受けることができますし、顔全体を脱毛したい場合ですと、"エピレ"では、6回59000円で鼻下・口下・頬・額などの脱毛を受けることが可能です。

今まではおでこの産毛をどうしていいかわからず、前髪で隠してきた人でもおでこの脱毛を受けることで、おでこに自信を持つことができ、堂々と前髪をアップにしておでこを披露することができますし、自信を持つことで自然と顔色も明るくなりますので、元気な印象を与えることができるようになります。

顔だから怖いしサロンに行く勇気がでない、と悩んでいた方も思い切っておでこの脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

顔は女性にとって最も大切な部分であり、顔の雰囲気や顔色1つで印象ががらっと変わりますよね。

腕や足、ワキなど広範囲で目立つ部分のムダ毛はもちろんですが、以外とムダ毛の悩みで多いのが、顔の産毛なんです。

顔に産毛が生えていると、なんだか全体的に黒くて暗いイメージになり、化粧のノリも悪くなってしまいますので、カミソリなどを利用して脱毛を行っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、顔の皮膚はとても薄いですし安易な自己処理を続けていると、キレイな顔を手に入れる為の処理のはずがかえってお肌を傷つけてしまって、がさがさの汚いお肌になってしまいかねません。

特にもっとも多く用いられているのがカミソリだと思いますが、カミソリは安価で手に入り手軽に処理ができる反面、お肌に直接刃を当てて脱毛をおこないますので、産毛だけでなく皮膚組織まで削ぎ取ってしまうことになり、カミソリ負けや炎症、湿疹などのトラブルになりやすく、自己処理を繰り返してしまうことで黒ずみなどの色素沈着を起こしやすくなってしまいますので、安心安全に脱毛を行うためには、脱毛サロンでプロにお任せすることをおススメします。

最近では顔脱毛を希望する女性が増えてきていますから、顔脱毛がコースに含まれているサロンが徐々に増えてきているのですが、顔脱毛は最も目に近い部分を脱毛すること、そして皮膚が薄いことからトラブルを事前に防ぐ意味で実施していないサロンも多いです。

顔脱毛を実施しているサロンの例としましては、"ディオーネ"ではうるつやお顔脱毛コースとして回数が選ぶことができ、このコースの体験版としておためし1回で脱毛をうけることができます。

顔脱毛をするメリットとしては、美肌効果、化粧のノリがよくなり顔色が明るくなることで周りにも元気な印象を与えることができること、そして顔を清潔に保つことができるようになりますので、毛穴に溜まりがちだった老廃物を取り除くことができ、ニキビも軽減されます。

顔だしトラブルがあったら怖い、と思われる方も多いのではないかと思いますが、施術中は目に光が当たらないように特殊なゴーグルを着用して施術を行いますので、ぜひサロンで顔脱毛を受けてみてくださいね。

脱毛後の注意しておくべき4点

脱毛サロンで脱毛を受ける際には気をつけなければいけない事項がいくつかあり、これらの注意事項についてはどこのサロンでも必ず事前カウンセリング時にお話を受けます。

脱毛施術の際はただリラックスして、スタッフにお任せしていればいいのですが、脱毛を受ける前やサロンを1歩出てからの生活においては自分できちんと意識をしてケアしていかなければいけません。

そこで今回はトラブルを防ぐ為に、脱毛後の4つの注意点について説明をしていきたいと思います。

まずは"炎症を起こさない為にも体温を上げるような行為をしない"ことです。

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に直接特殊な光をあて黒いメラニンに反応をさせることで脱毛を行っていく方法です。

美容クリニックのレーザー脱毛と比べますと低出力で施術を行いますので、お肌への負担も少ないのですが、全く負担がかからないのかといいますとそうではなく、脱毛後のお肌は光の影響をうけ血行が促進され熱を帯びデリケートな状態になっています。

その状態で入浴やサウナ、飲酒や激しい運動など更に体温を上げてしまうような行為をしてしまいますと、炎症や湿疹を起こしてしまう可能性が高くなってしまいますので、脱毛直後はこれらの行為は控えなければいけません。

2つめは"お風呂で体を洗う際にはシャワーのみにする"ことです。

万が一タオルでごしごしとこすってしまいますと、デリケートな状態のお肌を傷つけてしまう恐れがありますので、脱毛後は軽く流す程度で短時間で済ませましょう。

3つめは"保湿をしっかりする"ことです。

光を浴びたお肌は、とても乾燥して水分不足の状態になっています。

ですから、保湿クリームや化粧水などを用いて念入りな保湿をすることがとても大切です。

最後は"日焼け止めを塗って日焼け予防に徹する"ことです。

脱毛後の血行が良くなって熱を帯びた状態で日焼けをしてしまいますと、追い打ちをかけて血行を促進してしまうことになり、施術部位が痛んだり、炎症や湿疹などを起こしてしまう可能性がありますので、夏場など紫外線が多い時期は特に日焼け止めクリームや帽子を着用するなど念入りな日焼け対策が必要になります。

脱毛当日はどうしても肌が敏感な状態になっていますので、肌に刺激を与えないようにできるだけお肌を休ませてあげましょうね。

脱毛期間中は様々なことに気を付けて生活をしなければならず、脱毛前後の日焼けや運動、飲酒など色々なことを控えなければいけないのですが、それらの注意事項の1つに"ペットとの交流"に関する事項が含まれています。

"脱毛とペットとどんな関係があるの?"と思われがちなのですが、ペットは体全体をたくさんの毛で覆われていますので、毎日たくさんの毛が抜けおちます。

屋外でペットを飼われている場合はいいのですが、室内で飼育している場合は特にそのペットの抜け毛がハウスダストとなってしまって、毎日の掃除を少しでも怠ってしまいますと不衛生になってしまいます。

脱毛サロンで用いられている光脱毛は美容クリニックのレーザー脱毛や針脱毛と比べますとお肌に負担は少ないのですが、特殊な光を肌に直接当てて脱毛を行いますので、お肌に全く負担がかからないかと言うとそうではなく、脱毛後のお肌は光の影響を受けて血行が促進され熱を帯び、とてもデリケートな状態になっています。

もし掃除を怠ってしまって不衛生な状態になってしまいますと、脱毛後のデリケートなお肌がハウスダストに過敏に反応をしてしまいアレルギー反応を起こして湿疹やかゆみが出てしまうことがあります。

また、脱毛直後にペットとじゃれあったりボール遊びなどを行ってしまいますと、知らず知らずのうちにひっかき傷ができてしまい、雑菌感染を起こしてしまうこともありますので、脱毛後にペットと関わる場合は注意しなければいけません。

もしもアレルギー反応を起こしてしまったり傷ができてしまいますと、脱毛を断られてしまいますから、予約が無駄になってしまいますので"少しくらい大丈夫だろう"と安易な考えでペットに接するのではなく、最新の注意を払うことを忘れてはいけません。

また、ペットとの散歩で日焼けをしないように気を付ける必要があります。

室内で飼育するような小動物ならば散歩の必要はないのですが、犬の場合は毎日散歩をしなければいけませんよね。

その際、夏場は特に紫外線が多いですので、日焼けをしないように気をつけなければいけません。

脱毛前後に日焼けをしてしまいますと、脱毛の際に過剰反応を起こしてしまったり炎症や湿疹、やけどなど様々なトラブルをおこしかねませんので、散歩の際には日焼け対策をきちんとした状態で行くようにしましょう。

脱毛サロンで脱毛を受ける際には、いくつか気をつけなければいけない事項があり、それらの注意事項についてはどこのサロンであっても必ず事前カウンセリング時にお話を受けるのですが、特に"脱毛前後のしてはいけないこと"に関する事柄が多く含まれています。

脱毛サロンで脱毛を受けている最中はただリラックスしてスタッフにお任せしていkればいいのですが、脱毛前の生活やサロンを1歩出てからの日常生活においては自分できちんと意識をもってケアしていかなければいけません。

脱毛前後にしてはいけない事柄としては、飲酒や激しい運動、日焼けや入浴などがありますが、脱毛前後の角質ケアに"ボディスクラブ"を使用することも禁止されています。

なぜかといいますと、ボディスクラブには細かい粒子が含まれており、汚れた角質を取り除きお肌をきれいにしてくれるのですが、脱毛前後に使用してしまいますとかえってお肌を傷つけてしまう可能性があるのです。

脱毛サロンで用いられている光脱毛は美容クリニックのレーザー脱毛や針脱毛と比べますとお肌への負担は少なく、低出力で長期間かけてゆっくり脱毛をしていきますので、トラブルも少ないのですが、脱毛を受けても全くお肌に影響がないかというとそうではなく、脱毛後のお肌は光脱毛の光の影響をうけて血行がよくなり熱を帯び、とてもデリケートな状態になっています。

そのデリケートな状態のお肌にボディスクラブを用いてしまいますと、施術で傷ついた毛穴に、ボディスクラブの細かい粒子が入り込んでしまう恐れがあり、炎症や感染などの肌トラブルを起こしてしまう可能性があることから、脱毛後のボディスクラブの使用は控えるようにしましょう。

しかし日ごろから角質ケアをされている方は、角質が気になって仕方ない!という方もおられると思います。

そういう場合には、お肌に刺激が少ない粒子が細かいタイプのものを用いて、優しくマッサージをするといいのですが、どれだけ肌に優しいタイプのスクラブでも、脱毛後の敏感なお肌にはあまり好ましくありませんので、できるだけ利用をしないようにし、肌を休めてあげるようにしましょう。

また、脱毛後のお肌を強くこする行為もやめておく必要があります。

入浴中にゴシゴシこすったり、ストッキング等で圧迫させてしまうことも好ましくありません。

普段ではなんともないことでも、脱毛後の傷ついたお肌は少しの刺激にも過剰反応をしてしまう可能性があることから、脱毛直後にはお肌に負担のかかる行為はできるだけしないようにしましょうね。